2013年8月 8日 (木)

にきび痕はどうしてできるのか

リプロスキン にきびが出来てしまった場合には、処置方法によってはにきびを悪化させてしまったり、痕が残ってしまうようなことになったりする可能性もありますので、慎重に適切な処置を施す必要があります。 また、にきびを無理に押しつぶそうとしたり、引っかいて傷つけたりしてしまっては痕になって残ってしまいます。 治療方法として科学的な治療方法と物理的な治療法があります。 科学的な方法は凸凹状になってしまったにきび痕と言うのは皮膚の真皮層にあるコラーゲンが破壊されたことにより起こるため、コラーゲンを補ってあげる必要があります。 物理的な治療方法としては、肌の凸凹している部分にレーザーを使ってぼかしたり削ったりして目立たなくしていこうという治療方法になります。